美肌を手に入れる!シミ取りはレーザー治療で根本から解決

水着の人
  1. ホーム
  2. シミに効果がある治療

シミに効果がある治療

ナース

治療法の数々

シミは日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びたり、不規則な生活を続けていたりするとできます。一見見た目は肌が綺麗でも、深層部に「シミの卵」が沢山あり、表皮に出てくるのを待っている状態です。シミの卵があっても、ターンオーバーが正常なら角質と一緒になくなります。しかし、年をとったり、しっかり睡眠を取らなかったり、ストレスがたまったりするとターンオーバーが乱れ、卵がそのまま表皮に沈着してしまうので注意が必要です。シミをなくす治療法には、レーザー治療、投薬治療、ケミカルピーリング、点滴療法などがあります。クリニックに行くと勧められることが多いのが、レーザーによるシミ取りです。紫外線でできた一般的によくあるシミなら、レーザー治療で簡単に消えます。ただし、シミはすぐになくなりますが、レーザーの照射により、しばらく表皮がやけどをしたような見た目になります。レーザーによるやけど跡は数ヶ月で改善し、そうするとシミがない肌になります。一時的にでも肌にやけど跡を作るのが嫌な場合は、薬を飲んだり塗ったりして、シミを根気強く排出する治療法がおすすめです。シミ取り作用がある美白サプリメントや内服薬、シミ取りクリームなどは、美容外科で処方しています。飲み薬なら毎日飲むだけで良いので簡単です。シミ取りクリームも、普段のスキンケアの一環として取り入れることができます。シミ取りクリームは市販の美白クリームよりも効果が高いです。しかし、間違って使用すると肌が赤くなったり、シミが濃くなったりするリスクがあります。医師に診てもらいながら使用することが大切です。ケミカルピーリングもシミ取りに効果がある治療法です。ケミカルピーリングをするとターンオーバーが促進し、古い角質と一緒にシミがなくなります。また、ピーリングの薬剤が真皮層に浸透してコラーゲンやエラスチンの生成を促し、シワやたるみを予防する効果もあります。さらにニキビ跡の赤みやクレーター、毛穴の開きなどにも効果的です。ケミカルピーリングをしたあとに「高濃度ビタミンCイオン導入」をすると、なお美白効果がアップします。顔全体の美白やアンチエイジングがしたいなら、二つセットでするのがおすすめです。セットでしたほうが別々でするよりも料金が安くなるクリニックが多いのでお得なのです。ビタミンCなどの美白エキスを、注射や点滴で血中に入れる治療法もあります。高濃度ビタミンC点滴、美白点滴、カクテル注射など、様々なシミ取り効果がある点滴や注射があり、サプリメントや内服薬を飲むよりも即効性があるのが特徴です。